息子が自閉スペクトラム症と診断されました

こんにちは^^

奈良大和郡山にある長く楽しめるお花と木の実の教室【ここ花工房】の上野です♪

ここ花工房のご紹介はコチラ
上野美奈子のご紹介はコチラ



4月2日は、世界自閉症啓発デーです^^

自閉症のシンボルカラーはブルーで、東京スカイツリーなど全国200か所近くがブルーにライトアップされるんだとか♡

私の住む大和郡山市でも、お城がライトアップされたり、図書館で自閉症の特集が組まれたりするようです^^

私も微力ながら、ブルーのお花の写真を投稿します♡


「癒し」や「希望」を表すブルー

自閉症の子も、そうでない子も、理解しながら共存できる社会となりますように。


と、そんな風に関心を持ち、強く願うようになったのは、3歳の息子が自閉スペクトラム症と診断されたからです。


言葉が遅いな…
でも、男の子だし、兄弟もいないしな…
それも個性か♡



そんな風にあんまり気にしていなかったのですが、保育園からの勧めもあり2月に医療機関を受診したところ、「息子さんはこちらの病気になります。」と、資料を渡されました。

「自閉スペクトラム症」の文字に赤鉛筆で丸をされていました。


帰宅してから渡された資料を読み、いっぱい調べました。

自閉症とは、コミュニケーションが苦手、興味・行動の強いこだわり、相互的な対人関係の障害などを特徴とする発達障害です。

https://www.niconico-cl.com/autism/


自閉症は先天的な脳の病気であり、完治することはありません。

知的障がいや、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、LD(学習障害)などを併発することも多々あります。


相手の気持ちを察することができなかったり、自分の気持ちを伝えるのが苦手です。

気持ちをわかってもらえないことへの不安、苛立ちからパニックを起こしたり、 他の子と比べてできないことが多く自己肯定感が極度に低くなりやすい傾向があります。



そんな内容でした。


診断を受けた翌日は、不安で涙が止まらなかったり、「まぁいっか」って思ってみたり、それでも「まぁいっか」とすら思ってはいけない気がして、泣いたり…
色んな感情でいっぱいでした。


でも
やっぱり、かわいいんです♡


それに、大好きなプラレールで遊んだり、保育園でも楽しそう♡

診断を受けただけで、息子はそれまでと何ら変わらず過ごしています。


そんな姿を見ていると、翌々日にはやっぱり

まぁ、いっか^^

に行きつきました。



将来の不安はめちゃくちゃあります。

でも、それは今のうちに何ができるのか?を考えるだけでよくて、今は今の幸せをちゃんと噛みしめようと思います^^


幸い、私の周りには障がいを持つお子さんのいるママさんが多く、元々障がいが身近な存在でもありました。

そんなママさんたちからも「1人じゃないよ♡」のお言葉もたくさんいただきました♡



そうやって、「まぁ、いっか^^」に行きつけたから、これからも楽しく過ごせるように療育という次のステップにも進もうと思います。

保育園に行くまで、看板息子として、レッスンに来た生徒さまたちに可愛がってもらっていた息子^^


切迫早産だったり、生まれつきのアザが多かったり、自閉スペクトラム症だったり…

息子は一生懸命、生まれてきてくれたんだな♡

と、改めて感じると、感謝しかない。


息子よ♡

頑張って生まれてきてくれてありがとう♡
せっかく、生まれてきたんだ♡
世界を楽しもうね^^



正直、まだ自閉スペクトラム症への理解が上辺だけなので、今回の世界自閉症啓発デーによって、近所の図書館で特集が組まれるのはありがたい♡

旦那さんと一緒に行ってみようと思います^^


ちなみに、自閉スペクトラム症と自閉症って違うの?というので、めちゃくちゃわかりやすい図をNHKのホームページで発見しました^^

よかったらご覧ください。
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_346.html





最後にもう一度。

自閉症の子も、そうでない子も、理解しながら共存できる社会となりますように♡


最後まで読んでくださり、ありがとうございます^^

そして、これからもよろしくお願いします♡


ここ花工房
上野 美奈子